人気ブログランキング | 話題のタグを見る

朝の改編・テレ朝ver

2006年4月からの新編成、テレビ朝日編です。
「やじうまプラス」「スーパーモーニング」のほか、テレビ朝日の情報番組は出演者や放送時間を変えずに中身を少しずつ替えていって視聴率を徐々に底上げしてきた。
「やじプラ」を例に挙げると、放送開始が5:50だったころ、ライバル・フジテレビ「めざましテレビ」の6時台のスポーツニュースが大幅繰り上げに対抗して、めざましより早い時間に始めたりしている。
「ライバルより早く」放送させるのは、夕方のニュース戦争において一貫したテーマだけど、朝の番組はそうは行かない所が多い。視聴者の生活習慣が著しくそぐわない時だってある。スポーツニュースは再び6時半過ぎに収まっている。
その、じわりじわりという戦術を取っていたテレ朝に敵わない存在が現れた。
TBS「みのもんたの朝ズバッ!」である。
司会にみのもんたを据えただけで視聴率10%を記録している。
決してみのもんたの存在だけで達成したわけではないが、それでも「みのもんたショック」にテレ朝はあっさり敗北してしまう。
ただ、決して何もしていたわけではない。朝ズバッ!の目玉、「8時またぎ」を意識して、主要ニュースを7時半から再び伝えている。それで何とかなるわけではもちろんそうでなく、結局は朝ズバッ!に真っ向から対決することを選んだ。

それが、4月から予定されている「スーパーモーニング」の7時30分開始である。
「スパモニ」はライバルの「とくダネ!」「情報ツウ」に比べて、速報性は低い。第2報・第3報に力を注ぐことを得意としている。これはスパモニ特有の、3部構成による所が大きい。
8時に始まるスパモニ。ひと通り主要ニュースを紹介した所で8時30分になったら改めて主要ニュースを報じる、二度手間をしばらくの間行っていた。これはテレビ朝日系列局以外でスパモニを放送している放送局(日テレ系とTBS系に属する)が「ズーム」や「朝ズバッ」が終わる8時30分にならないとスパモニを放送出来ない為であり、「ズームイン!!SUPER」が8時終了になってからはTBS系列の宮崎放送と山陰放送のための処置である。
結果、8時30分から再び主要ニュースを取り上げることにしていたのだが、それでは「とくダネ!」には勝てないと判断したのだろう。棲み分けを図るべく、主要ニュースを取り上げず、むしろ関心のあるニュースの第2報、詳報やサイドストーリーを取り上げることを中心とした。
これは、とくダネ!の取り上げ方が他のニュース番組となんら変わりないことを裏付けることでもあるが。

よって、以下のことが考えられる。
7時30分から8時30分までは「朝ズバッ!」に対抗すべく、その日の主要ニュースを中心に構成する(改編前の現在は8時からの30分がこれに相当する)。ただ、日テレ系列やローカル番組を放送している朝日放送・メーテレ・KBCを考慮して8時に「区切り」を設ける。
8時30分からは従来通り、第2報・サイドストーリーなどに焦点を当てて、放送する。
そして、重要であれば長時間かけてその話題をみっちり放送する。

スパモニが7時30分からになったら、「やじプラ」はどうなるのか?
4時25分から7時30分まで、3時間の放送にするという。
4時55分から「朝いち!やじうま」を放送し、ANNニュースを5時50分から放送しているが、これらをひっくるめて一つの番組として放送するというのだ。
ここで気になることが幾つか。
まずは朝5時台の朝やじを放送している地域がまだ少ない中、どれだけの系列局がどれだけの時間を放送してくれるのだろうか。4時25分から一緒に放送してくれるところはスタート当初はゼロかもしれない。
さらに言えば、やじうまのやじうまたる所以であるコメンテーターは果たして4時25分から出演してくれるのか?おそらく無理だろう。だからか、「ミスターやじうま」吉澤一彦アナが解説に加わる。これで、6時までは安泰だろう。「朝ズバッ!」他に立ち向かうにはコメンテーターには5時過ぎから出演してもらわなきゃ。
つぎに、「朝やじ」はJCTVが制作に携わっている。JCTVはCNNの日本語通訳業務を行ってるCNNと縁の深い会社。朝やじの祖先にあたる「CNNデイブレイク」もJCTVが携わってた。一方で「やじプラ」はViviaという、テレビ朝日の子会社が制作に携わっている。こうなると、JCTVがViviaと一緒に制作するのか、それともJCTVは外されてしまうのか――。はたまた、5時30分ころまでJCTV、それ以降はViviaが制作するのだろうか?なんだか微妙。けど、こうなればViviaチームの時間からコメンテーターに出演してもらえば分かり易い気もする。

今回の改編はこういった編成上・制作の都合で生じる「区切り」を越えた番組を、実は目指しているらしい。
コメンテーターを含む出演者はやじうまとスパモニの枠を超えて出演するを想定している。
ニッカンスポーツの記事より、プロデューサーの言葉を引用すると

「途中で司会が代わっても、5時間半は1つのニュース番組としてとらえてもらえばと思います。『やじうま』のコメンテーターが言い足りないと『スパモニ』に乱入したり、『スパモニ』の司会がこれは大ニュースだと『やじうま』から仕切ったりと、2つの番組が一体になりながら展開します」

と、いうことのようである。

と、いうことはおそらく収録スタジオも同じで、セットも共用になったりするのだろうか?
詳細は4月になるまでのお預け、ということで。
by tv_asami | 2006-02-25 02:21 | ニホン